厚生労働省委託事業について(続報)

腰痛予防のための事業者向け講習会を当社が実施いたします

■ 腰痛防止のための講習会を全国47都道府県で開催します
4/10付けのお知らせの続報をお伝えします。
弊社は厚生労働省から委託を受け※1、労働災害の抑制に向けて「腰痛予防のための講習会」を実施いたします。
腰痛が深刻化している医療・介護施設と陸上運送業者を主な対象として、
現場で腰を痛めないための体の使い方をテーマに、正しい知識、予防策を学んでいただく内容です。
より広く普及させるため、全国47都道府県で開催いたします。
開催日時、会場、お申し込み方法などについてはこちらのページでご確認ください。
※1:厚生労働省委託事業 令和元年度第三次産業労働災害防止対策支援事業(保健衛生業・陸上貨物運送事業)

■講師は「腰痛予防対策の専門家」です
講師は腰痛防止に対して多大な知見をお持ちである「日本ノーリフト協会」「中央労働災害防止協会」に依頼し、 腰痛発生のメカニズムや、予防のための体の使い方について、座学と実技の両方を交えて専門的な解説と指導をいただきます。 例えば「持ち上げない介護」メソッドは、従事者の体への負担を最小限にするものであり、高齢化・労働人口減少が進む社会において、 今後必須のアイテムと言えるものです。専門家の知見を、みなさまの職場にもぜひ導入してください!

■弊社が発揮する強み
弊社は常日頃から、例えば自動車整備において、重量物を20kg以内のものしか持ち上げないことを前提に、
作業要素を分解したり、手順を見直したりしてマニュアルへ落とし込みます。腰痛予防対策の専門家の知見に、
弊社が製造業で培った「作業の標準化」「不具合を生まない」「ムリ、ムダをなくす」ための工程精査ノウハウが加わることで、 本講習会の内容はパッケージ化されるのです。均質な安全性は、私たちが担保いたします。

■こんな方にぜひお越しいただきたい内容です※2
・腰痛が労災という意識が薄かった、これを機に専門家のお話を聞きたい
・スタッフによって体の使い方がバラバラだが、どう指導すれば良いかわからない
・せっかく参加するなら実戦で使える知識を学びたい
※2:医療・介護事業」と「陸上貨物運送事業」に従事している方が対象となります。

さらに、セミナーで学んだ内容の定着を促進するため、参加後アンケートや教材のWeb配信なども行い、参加者のみならず職場で広く活用していただくための工夫も盛り込みます。
現在、内容を精査しております。乞うご期待!
(文中敬称略)

腰痛予防対策講習会の申込みをする