「ノーリフトケア」「ノーリフティングケア」に関するイメージ画像 「ノーリフトケア」「ノーリフティングケア」に関するイメージ画像

「ノーリフトケア」「ノーリフティングケア」とは

人力のみで、
力任せの移乗を行わないこと

介護、看護、福祉の現場において、人の力のみでの移乗を禁止し、患者・ご利用者の自立を考慮してリフトなどの福祉用具を積極的に活用しようという考え方です。

人の力のみでの「持ち上げ」「抱え上げ」「引きずり」などのケアを廃止し、介護する側と介護される側、双方に安全・身体への負担を軽減するケアの手法をノーリフトケア・ノーリフティングケアと呼びます。

腰痛原因のイメージ

ノーリフトケア/ノーリフティングケアについてもっと知りたい方はこちら

日本における腰痛の現状

2012年日本ノーリフト協会が実施したアンケート調査

看護・介護従事者向けに日本ノーリフト協会が実施したアンケートでは、体に痛み・違和感を感じたことがある人が7割を超えています。看護・介護従事者は「腰痛があって当たり前」なのでしょうか?

主要業種別の業務上腰痛件数

製造業をはじめとする他業界の業務上腰痛件数が減少しているにも関わらず、保険・衛生業(医療機関や福祉施設)だけが増加傾向です。腰痛が原因で離職を余儀なくされるケースもあり、介護職や看護師の人材確保という面からも対応が急がれます。

2013年に厚生労働省が「職場における腰痛予防対策指針」を改訂し、『人力での抱え上げは原則行わせない。リフトなどの福祉用具を活用する』ことを明示しました。

ただ腰痛の予防は職員個人の努力やケア技術に頼るだけでは限界があります。事業者側にも職員の腰痛を低減させるための責任と高い意識が望まれています。

厚生労働省の指針

「原則として、人力による人の抱え上げは行わせない」

厚生労働省は2013年に「職場における腰痛予防対策指針」を改定し、「原則として人力による人の抱き上げは行わせない」「リフトなど福祉機器の活用を促す」ことを明示しています。

60kgの女性が持てる最大重量は14.4kg?

厚生労働省の具体的な指針とは・・・

厚生労働省の指針
【I. 重量物取扱い作業】「2. 人力による重量物の取扱い」より。

  1. 人力による重量物取扱い作業が残る場合には、作業速度、取扱い物の重量の調整等により、腰部に負担がかからないようにすること。
  2. 満18歳以上の男子労働者が人力のみにより取り扱う重量は、体重のおおむね40%以下となるように努めること。女子は男性の60%(体重の約24%)以下とする。
  3. 上記の重量を超える重量物を取り扱わせる場合、適切な姿勢にて身長差の少ない労働者2人以上にて行わせるように努めること。この場合、各々の労働者に重量が均一にかかるようにすること

《例:体重60kgの人が取扱いできる重量》

これまでの日本の腰痛予防策では、重量物の制限はあっても、「人による人の抱え上げ」は除外されてきた経緯があり、今も多くの事業所で人力による抱え上げが行われています。

介護・看護の現場では、女性が多く働いています。人力のみで14.4㎏しか持ってはいけないとなると「仕事にならない!」となってしまいます。

そこで、福祉機器を利用した移乗介助や、身長差のない2人組での移乗介助、一人にばかり腰への負担が多くなる偏った人員配置を見直すなど、現場を見て、どこに腰痛発生させる要因があるのか、リスクを洗い出して確認し、腰への負担を軽減する取り組みを検討してください、と指針には示されています。 

 

 

ノーリフティングケアは介護現場での腰痛予防に効果を挙げているとして、 厚生労働省は、11月に開催された社会保障審議会・介護給付費分科会において、 2021年4月に控える次の介護報酬改定で、ノーリフティングケアに取り組む事業所を評価する検討が始まりました。 

 

 

 

腰痛の具体的な用具

ノーリフティングケアによる「用具の活用」

人の力のみで、持ち上げ、抱え上げ、引きずりを繰り返していると腰痛の発生の原因になります。患者・ご利用者の状態、自立を考慮して福祉用具を活用しましょう。

スライディングシート / スライディングボード

床走行型リフト / スタンディングリフト

ベット固定型リフト / 天井歩行型リフト

ノーリフトケア/ノーリフティングケアについてもっと知りたい方はこちら

LMSと動画を活用したオンラインセミナー

動画配信サイトのキャプチャ

日本ノーリフト協会様に「LMSを使⽤したオンラインセミナー」のプランをご提案しました。

従来のセミナーをそのまま収録した動画を配信するのではなく、弊社の動画制作のノウハウを活かしたオンライン学習用の動画を新たに制作。トピックごとに分類し、1つの映像を5~10分の短い映像尺で作成することで「動画再生途中の離脱率を減少させる」効果があり、受講者側にも「隙間時間で学習できる」というメリットが生まれます。

LMSの説明

LMS(Learning Management System)では「講師」と「受講者」という2種類の役割をユーザーに与えられます。

講師は「動画」「ミニテスト」「テキスト」「PDF」など⽤途に合わせた教材を用意し、受講者に配信できます。

導入の結果、日本ノーリフト協会様からは「初めての試みで不安でしたが、オンラインセミナーが実現できてよかったです」とお声がけいただきました。

受講者にアンケートを実施したところ「オンライン配信期間中に自分が見たいところを動画で何度も見直せた」「動画で事前に予習してから実技を行なったので、安心して参加することができた」とご好評をいただきました。

ノーリフティングケアを学びたい方はこちら

Taira Promoteだからできること

製造業界で培った『安全労働衛生』の考え方

製造業界で培った『安全労働衛生』の考え方

弊社は創業から自動車・製造業界をメインに、労働安全衛生に配慮した技術資料制作業務をおこなってきました。

当時、製造業界にとっても腰痛は深刻な問題でしたが、課題を解決するための施策が功を奏し、大幅に改善することができたのです。平プロモートは、それらノウハウによって、保険・衛生業においても腰痛予防に効果的な施策や仕組み作りをすることで、腰痛件数を減少させるためのお手伝いができると考えています。

腰痛予防講習会

ノーリフティングケアのノウハウを全国に周知

ノーリフティングケアのノウハウを全国に周知

厚生労働省より委託を受け、令和元年から「職場における腰痛予防対策指針」の普及促進を目的とした無料の講習会を、保健衛生業・陸上貨物運送事業を対象に全国各地で開催しています。

講習会では、日本ノーリフト協会の方に講師を務めていただき、腰痛予防対策のノウハウについて、座学と実技を交えながら講義いただきました。参加いただいた方からは大変な好評をいただいています。

【 運営協力 】

腰痛予防対策講習会の申し込みはこちら  

教育支援

ノウハウの共有から品質管理まで一元管理できる

Kupu

Kupuは、すぐに導入でき、最大の効果を発揮することができる現場支援Appです。基本機能のマニュアル作成に加え、チェックリスト機能により、作業の効率化と品質の維持向上ができます。

また、データ管理機能による作業の集計や管理も可能です。作成機能はとにかく簡単、その場で写真を撮って作成できるので、現場のすべての人が改善に参加できます。

さらに、Kupuのベース機能を利用して、企業様の細かい状況に対応できるカスタマイズ開発を実施することも可能です。

これからノーリフティングをはじめたい方はこちら